2017-07

【5月11日(月)】

今日は海老名市議会議員全員協議会と議会報告会のための常任委員会の打ち合わせに行ってきました。何故10日前後に定例で開かれるのかは諸説ありますが、その昔10日がお金の支給日だったからとかw

市長が台風について触れている際「消防に通報ではなく、市役所の危機管理課も24時間体制で待機しているので、危機管理課にどうぞ」といった主旨の話がありました。  

おそらくどこの自治体でも市役所に電話しちゃうのがよいのかもなぁ~って思いました。消防はパンクしてるでしょうから。

「台風で被害が!」って枕をつければ、担当課の名前がわからなくても繋いでくれます。お試しあれ。

海老名市のパブリックコメント

海老名市でもパブリックコメントは行われています。海老名市のHPではわかりにくいのでリンクをはっておきます。本当に市のHPでは目立たないところにあります・・・。

海老名市のパブリックコメント情報←クリック

学校給食の異物混入について

「学校給食への異物混入について  1月13日、海老名市立東柏ヶ谷小学校で学校給食の異物混入が発生した。給食を取っていた児童が発見、飲み込む前の発見だったため、健康被害の報告はない。」という市役所からのファックスが入りました。
プレスリリースされる情報は議員のもとには一応ファックス等で連絡がはいることになっています。これが前後してしまうと「議会軽視だー!」と騒ぎ立てる方もいるので市側は気を使っているようですが・・・これは置いておいて。

今、巷では異物混入ブームといった様相です。自分に注目を集めるために、異物を混入するというニュースも流れています。自己承認欲求が満たされないと、このようなことが蔓延してきますね・・・。

給食を作るときなどのミスによる異物混入も
注目を集めたいためのいたずらによる異物混入も、全て「異物混入」と表記されるのはいかがなものなんでしょうか? そろそろ整理して表記した方がいい時期に来ていると思います。

IMAG2021_BURST002.jpg

みなさんはどのようにお感じでしょうか?

海老名市いじめ防止条例(素案)パブリックコメント

海老名市いじめ防止条例(素案)のパブリックコメントが1月20日までおこなわれています。おそらく海老名市議会3月定例会に上程されると思います。
私は、いじめは防止するといよりも、起きてしまってからの対応の方が大事だと思っています。
私も、いじめにはあったことがありますが、今思えば、私自身にも周りがからかいたくなるような要素があったのだろうと思います。私は自分は悪くないのに、何で自分が学校を休まなくてはならないのか?と思いながら、頑固に通っていましたが。
また、いじめを受けているときから感じてはいましたが、いじめの加害者の方が、より深い問題を抱えているケースも少なくありません。
そもそも、親世代の中でいじめが蔓延してるのですから、学校でいじめが起きないわけがありません。いじめは成人してからの方が深刻な気がします。ただ、大人はある程度逃げ方を知っています。

だからこそ、先に述べたとおり、防止よりも、起きてしまってからの対応と上手な逃げ方を考えることが大事だと思います。

海老名市いじめ防止条例(素案)パブリックコメント
←詳細はこちら!

今からでも 間に合う 市長タウンミーティング

市民の方から、市長の話を聞きたいという問い合わせがありました。
内野市長は、毎年秋の予算編成の始まるころに、10箇所以上でタウンミーティングを行っています。

直接、市長と意見交換できる機会ですので、御利用ください。

10月25日(土) 15:00~16:30  柏ケ谷コミュニティセンター
           19:00~20:30  門沢橋コミュニティセンター
10月26日(日) 19:00~20:30  杉久保コミュニティセンター

IMAG0194.jpg

事後対応が大事

自宅に戻るとFAXが入っていて驚きました!
6月2日に中新田小学校の児童14名が熱中症で救急搬送されたとかいてあるではないですか!
そこで今日、学校教育課に問い合わせてみました。

子どもたちは体育の時間終了し、着替えも済ま、て給食の準備をしているときに具合が悪くなっそうです。
担任の先生の対応が早かったので、子どもたちは入院することもなく夕方には自宅に戻ったそうです。

何がともあれ、重症の児童がでなくてなによりでした。
事故にしろ、いじめにしろ、どんなに注意しても起きるときは起きます。
大切なのは、事後対応が迅速に行われることだと思います。

今回の救急搬送を教訓に、緊急対応の再点検をして夏を乗り切って欲しいものです。



Save0010_20140603133804c97.jpg

【1月29日(水)】のFBより

【1月29日(水)】明日は海老名市議会の臨時会です。特に今回の案件に反対するつもりはありませんが、賛成するにも理由は必要です。市営住宅建設の契約案件で一般競争入札で96%落札。原因は円安による資材の高騰と復興・オリンピックによる職人不足。200億円、300億円の工事ですら不調になるご時世を考えると、今回の案件は落札しただけでよしとするか…。それにしても悩ましい。市営住宅建設や生活道路の補修とかでなければ反対しちゃうんだけどなぁ~。

【1月27日(月)】のFBより

【1月27日(月)】今日、改めて、まじまじと平成26年1月 市長年頭記者会見 資料を眺めてみました。
ここでは、四の五の書きませんが、皆さんも是非ご覧になってみてください。来年度の予算審査は3月です。

【11月19日(火)】参考として掲載します。
「市長への手紙」の葉書を書くと市長は必ず目を通します。返事は担当課から来ます。是非ご活用ください。

市長への手紙は海老名市内の市の施設には置いてあります。


海老名市 市長タウンミーティング

9月21日から、今年も海老名市長のタウンミーティングが始まっています。
市長と直接話ができるよい機会です。

昨年のタウンミーティングで市長は「話ができる機会は設けているのだから、意見があったら出てきて話してほしい」とう主旨の発言をしていました。

確かにそれはそうかもなぁ~と思います。
12会場でタウンミーティングを行う市長は珍しいです。
また、なんでも本人が応えます。
的を射ている回答をしているかはともかくとして、内野市長ほどよくしゃべる市長はいないのではなかと思います。

是非一度、足を運んでみてはどうでしょうか?

http://www.townnews.co.jp/0402/2013/09/27/205800.html

市政アンケート

海老名市のHP上で市政アンケートが実施されているようです。

海老名 市政アンケート
←クリック

登別

トライアングル交流をしている登別市が寒波による停電などで大変なことになっています。
観光などの交流は、市民レベルで行えばよいと思っていますが
災害になると話は別です。
海老名市が何ができるのか?
すでに市長をはじめ、災害援助を検討しているとは思いますが
できることはすべきだと思います。

海老名市情報発信課

11月1日から海老名市HPの「えびなデイズ」がFacebookになりました。

えびなデイズ←クリック

記事を書くのは大変だろうと思います。

がんばってください。

海老名市議会も記事を載せてもらいましょう!

議会が試されています

海老名市立門沢橋保育園を門沢橋小学校の敷地内に立て替える問題についての記事が神奈川新聞に掲載されました。


保育園を小学校に建てることについては、教育委員会では、なんと1年半前の平成23年2月の教育委員会定例会で確認されています。

12日の文教社会常任委員会では補正予算は、一応、継続審査になりましたが、20日に委員会が再度開かれ、採決が行われる予定です。まだ、態度を明らかにしていない会派もあり、結果は流動的です。

住民が反対している内容を、市議会がどう判断するのか?私は補正予算を通すべきではないと考えていますが、どうなるかわかりません。

議会が補正予算を通せば、住民がいくら反対していても、市長は事業を執行します。

今、まさに議会が試されています。

市民活動支援施設設置条例(素案)のパブリックコメント

市民活動支援施設設置条例(素案)のパブリックコメント←クリック


さつき町に建設中の市民活動支援施設についてのパブリックコメントの募集が今日から始まります・・・。
募集期間は2週間しかありません。先日の議員全員協議会で、

「もう少し募集期間を延ばすべきでは?2週間とした根拠は?」

と質問してみましたが、

担当課長は、「個人的な感覚ではボリューム的に2週間で十分かと」

と何を根拠に言っているのかさっぱりわからない回答でした。


そこで、改めで市長に質問すると

「何かの事情で、間に合わなかったときには、募集期間が過ぎたらから受け取らなということはない。」との回答。

市長のほうが、担当課の幹部より、姿勢が柔軟です。

問い合わせ

ちょうど2ヶ月前の市長タウンミーティングのころに、市に問い合わせしていた内容の回答がくる様子がないので、昨日、改めて問い合わせをしました。

1件は経済環境部、もう1件は市民協働部。

市民の皆さんにもこんな対応を取っているとしたら、大問題です。

市長への手紙は、遅くとも2週間以内に回答することになっていると聞き及んでいます。
最低、この原則は守ってもらいたいものです。

海老名市戦没者追悼式

追悼式
海老名市戦没者追悼式に行ってきました。
市長と議長の哀悼の言葉は、なかなか心にしみました。

ただ、市長の言葉が本当であるならば、もっと海老名市の平和事業への取り組みは積極的になっているんじゃないかと感じました。

タウンミーティングや議会での答弁は弁舌さわやかな市長が、やけに閊えているのが気になりました。体の具合でも悪いのでしょうか?あついですから、お大事に。

あと、地方自治の時代に、海老名市歌が式典で歌われないのはなぜでしょうか?私は歌うべきだと思います。

学童保育クラブへの補助金アップを!

このところ更新が滞っています。毎日ご覧頂いている皆様、申し訳ございません。

海老名市議会6月定例議会が終わり、奥村しょうけんレポートができました。
そのために、レポートをもって地域を訪問したり、郵送作業をしたり、なにかと忙しくなります。

さて、今回の奥村しょうけんレポートに一般質問で取り上げた学童保育クラブについての記事を載せました。
今日は、その記事だけ掲載します。

市議会の役目は、予算はじめ市政のチェックをすることです。
海老名市が他市よりも先んじているところを褒め称えるのが役目ではありません。

ただ市長のやっていることを追認するだけなら、市議会の存在意義はないと思います。


■学童保育クラブへの補助金アップを!

 海老名市議会6月定例会の一般質問で学童保育クラブの補助金を実態にあうように上げるべきだと提案をしました。現在、海老名市の学童保育クラブは19園すべて民設民営です。市は、年間総額5520万円の補助金を学童保育クラブに出しており、学童に通っている児童1人あたり7万7000円の補助をしている計算になります。
 ところが、この児童一人あたりの補助金額は神奈川県下18市中(川崎市は除く)16番目の額です。市によって公設公営・公設民営・民設民営と様々な形態がありますが、児童一人あたりにかかる経費は年間約25万円です。横浜市は海老名市と同様に全て民設民営ですが、児童一人当たりの補助金額は22万円で、保護者の自己負担は年間3万円程度です。それに対して海老名市の保護者負担は最低でも年間約18万円です。
 保育園に通っていた今年度の新1年生は311人、学童保育クラブに通っている児童は236人。実に75人の児童が学童保育クラブに通っていません。
 その最大の理由が高すぎる保育料金です。保育園に通っていたときには、所得が低く保育料免除や低額で保育園にあずけることができた保護者も、学童保育クラブには月々最低15000円は払わなくてはなりません。説明会に参加したものの、保護者が支払う保育料を聞いてあきらめる保護者が少なくありません。子どもが小学校に上がったからといって、突然家計が良くなるということは考えにくく、目をかけなくてはならない家庭の子どもたちが学童保育クラブに通えていないケースも見受けられます。
 市長は、家計が苦しいながらも仕事に出ずに自分で子育てしている世帯との公平性の観点から、これ以上は補助金額を増やす考えはないと回答をしています。しかし、ひとり親世帯でも共稼ぎ世帯でも、生活のため働きに出ている世帯がほとんどです。
 本来、税には所得の再分配機能があります。困っている世帯を支援するのが市の役割でしょう。
 今後、市内の学童保育クラブの実態調査を行い、保育園と同様に所得に応じた保育料を設定し、学童保育クラブに通いたい児童が全て通えるような補助金を出すべきです。

いじめ

このごろ大津市でのいじめによる自殺事件が毎日のように報道されます。

この海老名市でも、いじめについての裁判が進行中です。

以下は神奈川新聞の写しです。

「いじめでストレス障害」、市立中元生徒が市などを提訴/横浜地裁

2012年4月7日

 中学在学時のいじめが原因でストレス障害を発症し、転校を余儀なくされたとして、海老名市立海老名中学校に在学していた男子高校生(16)と両親が、同中の元同級生9人とその保護者、市、県に対して慰謝料など約800万円の損害賠償を求める訴訟を6日、横浜地裁に起こした。

 訴状などによると、男子高校生は生まれつき両手足の運動障害や軽い言語障害があり、中学に入学した2008年4月以降、同級生から障害についてからかわれるようになったという。頭を床に押さえつけられたり、殴られたりする暴行を受けたこともあり、中学2年生だった09年10月に急性ストレス障害を発症し、転校した。

 原告は、一方的ないじめによる強いストレスを受け、睡眠障害などの症状を発症し、登校が不可能になったと主張。両親は学校に相談したが、学校は加害生徒に反省文を書かせることにとどまり、その後もいじめを放置し、生徒を指導監督する義務を怠ったとしている。

 男子高校生と両親は、昨年3月に元同級生11人と保護者に対して簡裁に民事調停を申し立て、元同級生2人と保護者については、同12月に調停が成立した。

 男子高校生の父親は「学校はいじめの本質に踏み込み、正そうとする対策を打たなかった。9人の生徒と保護者、学校側に謝罪と賠償をしてもらいたい」としている。海老名市教育委員会は「訴状を見ていないのでコメントできない」としている。




海老名市教育委員会は、保身に走ることなく、誠心誠意対応してもらいたいと思います。

私は、いじめを受けた経験もありますが、今思うと、同級生であった加害者にも家庭でのストレスなどがあったのだろうと思います。

いじめをする側、される側、子どもは大人の鏡です。

大人社会にいじめがある以上、子ども社会、学校の中で、いじめがあることは当然です。

教師や親、周りの大人たちは、いじめはあってならない、自分の学校でいじめが起きるのは恥だ、みたいな考えは捨てて、いじめはささいなことからでも起きることを自覚し、子ども達と向き合って、子ども達が出しているサインや微妙な変化に敏感になるべきです。

そして、起きてしまったいじめを、自分達の保身のために隠すのではなく、現実を直視し、解決に向けて努めるできです。

残念・・・

5月に肺のがん検診を受けました。肺には問題がなかったのですが、甲状腺が腫れていることがわかりました。そこで6月議会が終わってから、さがみ中央病院で再検査を受けました。昨日は再検査の結果を聞き、良性の腫瘍ということで、ホッとしました。

さがみ野中央病院に行く途中に東柏ヶ谷近隣公園があるので、ゴミ箱を見てみました。遠目からはきれいに見えたのですが、近くでみると、壊れたコーンが入っていました・・・なんとも残念な状態でした。

東柏ヶ谷近隣公園のゴミ箱7月7日

この公園は、多額の予算を使って、防災目的で改修をします。しかし日常の管理できていないのであれば、本末転倒です。
防災グッズのはいった倉庫も落書きだらけ・・・。私は、この手の落書きは、時として芸術性が高いものもあるので、いつも目くじらを立てている訳ではありませんが、これらの落書きは、これまた残念・・・といった感じです。

東柏ヶ谷近隣公園落書き

東柏ヶ谷近隣公園落書き2

東柏ヶ谷近隣公園落書き3

また、注意書きのプレートもとれそうだし・・・

東柏ヶ谷近隣公園外れかかったプレート

看板は、なんかファンキーだし・・・。

東柏ヶ谷近隣公園注意書

管理は自治会やシルバー人材センターにお願いしているんでしょうが、お金だけ渡して、管理はまる投げだから、こんな残念な公園になっているんだと思います。

東柏ケ谷近隣公園のゴミ箱

東柏ヶ谷近隣公園のごみ箱

このところ通院で東柏ヶ谷に行く機会が多くなりました。その都度、東柏ヶ谷近隣公園に立ち寄るようにしてるのですが、いつもゴミ箱がいっぱいです。おそらく定期的に回収はされているはずですが、夜中に放火されたらどうするのだろうと思ってしまします。

海老名市は、今年度、この公園を防災目的で、大規模改修するんですが、その前に、管理体制の見直しをしたほうがよいのではないでしょうか?

東柏ヶ谷地区は、市役所から一番遠い地区のひとつです。だからこそ、もっと目を配る必要があると思います。

まさかが現実に・・・

まさかと思っていたことが現実になります。

3月末に退職した都市・経済担当理事が、副市長になって戻ってきます。今日の市議会最終日に人事案件としてあがってきます。私は反対します。



海老名駅西口再開発、正確には土地区画整理事業といいますが、市民には馴染みのない用語なので、あえて再開発とかきますが、半年前の都市・経済担当理事(今年の3月で市役所を退職)の経済建設常任委員会での発言は見過ごすわけにはいかないと思います。

現在の市の姿勢がよくでています。


会議録抜粋


◆藤澤菊枝 委員 今、道路等の混雑とか渋滞とかというお話を伺っていたのですが、これだけ複合商業が入るということになりますと、独自の駐車場はお考えになっていらっしゃるのでしょうか。ららぽーとにできるのはわかっておりますけれども、これだけ車が来るということは、この中にあるのでしょうか。

◎都市整備係長 駐車場を整備しないのかということの質問だと思います。今回の区画整理の中で、市のほうで駐車場を整備するということは考えておりません。

◆藤澤菊枝 委員 そうなると、どこかに民間の駐車場とかなのですか。これだけ車が来るとという心配はあります。

◎都市・経済担当理事 駐車場に関しては、さまざまな方面からいろいろ聞かれるのですけれども、ららぽーとも、買い物をされなくても駐車できるという格好で、1000台、2000台という規模の駐車場を整備すると言ってきております。
 そのほかの駐車場、どうなのかということなのですが、これは、実は今現在の状況で、西口に関する農政協議という一番重要かつ難易度の高い国・県協議をやっている最中でありますから、特に関東農政局には聞かれたくない話なのですけれども、実はこの開発予定区域の西側の白い農地がございますが、これは水田であったり、あるいは畑になったりしていますけれども、今現在の西口の整備区域内を見ていただくと、水田を平場の駐車場に利用している地権者がたくさんいられるのです。実は、ここにまちができますと、ここの水田を駐車場に利用する地権者が相当出てくるのではないかと見ております。それを私どもとしてはもちろん推奨するわけでは毛頭ございませんけれども、そういう格好になっていくだろうと思います。
 したがって、駅間地区にもかなり何百台という規模の駐車場ができると思いますけれども、これで足りない場合でも、足りないことはないと思いますけれども、一応足りない場合でも、実際愛川方面から来られる方々は、恐らくこの西側にできる駐車場に相当入られるだろうと。したがって、需要のあるところまた供給ありなものですから、そういう格好に結果的にはなるかもしれない。
 ただ、今現在、とにかく西側の農地を保全してまちづくりをやるという大前提なものですから、海老名市としてそれでいいのだというふうには思っておりませんけれども、そういうことになるでしょうとは思います。


気づいたら市に一報を

海老名陸橋修繕後

先日、えびな陸橋のタイルの傷みが酷かったので、市に通報しました。えびな陸橋は神奈川県が管理しているのですが、
次の日には直っていました。

道路の傷みは事故のもとです。気がついたら、遠慮せずに市に通報しましょう!

サイクリングロードその後

サイクリングロード改修工事後
昨夜、文化スポーツ課から、「サイクリングロードの柵の修繕が完了した」と連絡が入りました。今朝、早速見に行ってみると、綺麗になおっていました。
これでサイクリングロードを使って三川公園に遊びに行っているお子さんをお持ちの親御さんたちも安心されると思います。

側溝の蓋

先日、地域訪問していると、マンションの持ち主の方から、側溝がガタガタで困っていると相談されました。
補修前

小石が飛んで危なさそうだったので、道路維持課に伝えたところ、直ぐに応急処置をしてくれました。
補修後




側溝の土台がボロボロなので、予算がかなりかかるらしく、本工事は待ってほしいと言われました。大型公共工事が目白押しの海老名市。こういう生活道路の細かい工事のための予算こそは増やしてほしいですね。

対応は早かったのですが…

サイクリングロード

先週、相模川沿いのサイクリングロードについて、市民の方から要望がありました。アスファルトが崩れてしまっているところと、柵が壊れているところを直してほしいと言う内容でした。担当している文化スポーツ課に伝えたところ、アスファルトはすぐに直しもらえたのですが、柵は予算がかかるので応急処置で済まされてしまいました。安全に支障はないと言う判断もあったのかも知るませんが、曲がっている柵をそのまま使うと言うのは如何なものでしょうか?工事現場に使うような金属のパイプで構わないので、せめてまっすぐな柵にしてほしいものです。



«  | ホーム |  »

プロフィール

奥村しょうけん

Author:奥村しょうけん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (99)
放射能汚染対策 (17)
がれき処理問題 (1)
西口再開発 (5)
議会改革 (2)
教育 (7)
市政 (33)
市議会 (52)
給食 (4)
雑記 (28)
フォト日記 (20)
障がい (0)
市内交通 (0)
総合窓口化 (1)
節電 (1)
空間放射線量測定 (3)
ヘチマとゴーヤ (2)
脱原発 (2)
市民活動支援施設 (1)
ふくしまキッズ (2)
特定秘密保護法 (1)
市民農園 (2)
視察 (2)
海老名市河原口家庭農園 (3)

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR