2012-08

市民活動支援施設設置条例(素案)のパブリックコメント

市民活動支援施設設置条例(素案)のパブリックコメント←クリック


さつき町に建設中の市民活動支援施設についてのパブリックコメントの募集が今日から始まります・・・。
募集期間は2週間しかありません。先日の議員全員協議会で、

「もう少し募集期間を延ばすべきでは?2週間とした根拠は?」

と質問してみましたが、

担当課長は、「個人的な感覚ではボリューム的に2週間で十分かと」

と何を根拠に言っているのかさっぱりわからない回答でした。


そこで、改めで市長に質問すると

「何かの事情で、間に合わなかったときには、募集期間が過ぎたらから受け取らなということはない。」との回答。

市長のほうが、担当課の幹部より、姿勢が柔軟です。

スポンサーサイト



平成24年第3回海老名市議会定例会会期日程


       
平成24年第3回海老名市議会定例会会期日程
                                       

8月31日 金 本会議 開 会、諸報告、議案審議、委員会付託 午前9時30分

9月5日 水 本会議 2011年度決算に対する各会派の代表による代表質問、委員会付託 午前9時

9月11日 火 委員会 総務常任委員会

9月12日 水 委員会 文教社会常任委員会

9月13日 木 委員会 経済建設常任委員会

9月18日 火 本会議 市政に関する一般質問

9月19日 水 本会議 市政に関する一般質問

9月21日 金 委員会 総務常任委員会(決算審査)

9月24日 月 委員会 文教社会常任委員会(決算審査)

9月25日 火 委員会 経済建設常任委員会(決算審査)

9月28日 金 本会議 委員会報告、議案審議、閉 会 午前9時30分

※日程は変更になる場合があります。

お問い合わせ

その他・事務局等 議会事務局

Tel(直通)046-235-4931


7月5日朝の相模大橋より

相模川にかかるあゆみ橋 相模大橋より撮影 

議論を嫌う議会?

只今、議会準備中です。

初日の本会議で議案について質問するには、開会前に下調べをしないとできません。

先日の議会運営委員会で、開会初日での即決(常任委員会に付託しないで、その場で採決すること)だらけになってしまったので、本会議場で質問せざるを得なくなりました。

質問を無理にする必要はないし、全てを委員会に付託する必要もないとおもいますが、20億円以上の財産の取得案件まで即決にしてしまうのはいかがなものでしょうか?今まで、何回も議論してきて、当初予算でも予算化されているなどなどの理由から、即決にすべきという声がありましたが、なぜ財産の取得については2000万円以上の案件が議案として議会に提案されるのか今一度考えてみるべきです。

それは、議会が大切な市民からの税金を行政が適切に使用するかチェックするためです。

議論を嫌い、チェック機能も果たさない議会は、残念ながら、市民から不要といわれても仕方ないとおもいます。

必要と思われる議論をしないのは、議会の自殺行為のなにものでもありません。

そんな議会が、議会改革なんてできるんでしょうか?

はなはだ疑問です。



2012-08-23 16.06.48

私が海老名で一番すきな風景です。天平の時代から、海老名に住んでいた人たちは、この大山を眺めていたんでしょうね。

9月議会の準備

田んぼ


ここ2日間、暑さを避けて、9月議会の準備をしていました。

2011年度決算の代表質問は、市民・ネットの会の代表の神奈川ネットワーク運動の西田議員が行います。
私は、今のところ討論を担当する予定です。

一般質問と決算審査の内容も決め、準備としては、本日配布される議す案書の市からの聞き取りを残すのみです。

ところで、私が暑さを避けるのには、苦い経験があるからです。

25歳のちょうど今頃です。

ロンドンから日本に戻って4ヶ月。体重激減と脱水症状から、尿路結石で1週間に入院したのです・・・。
当時は塾の専任講師でしたから、思いっきり講座に穴をあけてしまいました。

それ以来、人目もはばからず水分を取るようになりました(苦笑)

水分を沢山とっても、内臓が脱水症状になってしまうことがわかってからは、塩も持ち歩くようになりました。

今日も暑くなりそうです。

無理な節電はせず、必要な冷房は使いましょう!



下今泉門沢橋線 相模線立体交差事業

下今泉門沢橋線とJR相模線の踏切解消のための立体交差事業についての説明会が開かれます。
9月12日19時より 河原口自治会館
9月14日19時より 上郷自治会館

アンダーパス方式とオーバーパス(陸橋)方式の比較と歩行者の動線の確保について、神奈川県の担当者が説明に来るそうです。

神奈川県は、オーバーパス方式での合意を取り付けるために、相変わらず地権者しかみていないようですね。

今回も河原口と上郷地区にしか説明会の告知はするつもりはないようです。

まったくあきれた姿勢ですね。


請願と陳情

9月議会の陳情の受付締め切りは23日17時15分だそうです。

24日が議会運営委員会なので、その直前まで受け付けるという理由からだそうです。

海老名市議会は、陳情は委員会のみの審査で、本会議での採決はされません。

近隣市は、最終日に本会議場で採決するんですけどね。

これは海老名市議会のローカルルールのひとつです。

私が9年前に市議会議員になったときには、委員会でも陳情は審査されていなくて、
委員会終了後の委員協議会というところで話し合われていました。
私は、この慣例は改めるべきだとおもい、市民の皆さんと一緒に改善を求めました。

その後、現在は委員会で審査し、会議録も残るようになり、かなり改善されたのですが、
やはり最終日の本会議で採決を取るべきでしょう。

現在の海老名市議会の陳情審査のあり方は、市民から見ると、非常にわかりにくとおもいます。


さて、昨日13時から、各会派代表者会議で議会改革について話されたようですが、

9月議会閉会後に開かれる代表者会までに、議論の進め方と議論する内容について考えてくるようにと宿題が出されただけのようです。

市民・ネットの会としては、昨日の会議にネットの西田議員が提案内容をもって臨んでいたんですけどね。


9月議会閉会後って・・・

海老名市議会2012年度第三回定例会(9月議会)予定

8月24日 金 議会運営委員会
8月31日 金 本会議
9月5日 水 本会議
9月11日 火 総務常任委員会
9月12日 水 文教社会常任委員会
9月13日 木 経済建設常任委員会
9月18日 火 一般質問
9月19日 水 一般質問
9月21日 金 総務常任委員会(決算審査)
9月24日 月 文教社会常任委員会(決算審査)
9月25日 火 経済建設常任委員会(決算審査)
9月28日 金 本会議

開会まで10日あまりとなりました。今週末には議会運営委員会があります。会派への議案説明も始まるようです。

問い合わせ

ちょうど2ヶ月前の市長タウンミーティングのころに、市に問い合わせしていた内容の回答がくる様子がないので、昨日、改めて問い合わせをしました。

1件は経済環境部、もう1件は市民協働部。

市民の皆さんにもこんな対応を取っているとしたら、大問題です。

市長への手紙は、遅くとも2週間以内に回答することになっていると聞き及んでいます。
最低、この原則は守ってもらいたいものです。

減量

昨年の今頃は、体重80kg、ウエスト95cmありました。
現在、体重65kg、ウエストは80cmをきりました。

体力が落ちないように減量をしているので、今のところ体調は比較的よいのですが、血圧だけは正常値にならず、先週、薬が追加されました。

なるべく穏やかに過ごしたいと思いますが、この政治状況、海老名市、海老名市議会のありようでは無理でしょうね(苦笑)


このごろ米軍機の飛行回数が増えているような気がするのですが・・・。


8月15日

毎年来る8月15日。

本当に気が重くなります。

終戦の日とは、なんとも耳障りのよい言葉で、なぜ敗戦の日にしないのか・・・。

日本は敗戦国でもあり、加害国でもあります。

日本がかつて加害国にる要因は様々あるのでしょうが、当時は大変な格差社会であったことは紛れもない事実。

今、日本国内はかつてない格差社会になりつつあり、国内に鬱積した不満を国外に向けさせるという安直な手法を好む人たちがいます。

本当は怒りの矛先は、格差社会を勧めた政治家と政府と官僚に向けるべきです。

解決しなくてはならない課題は沢山あります。

景気をよくするも悪くするも政治次第。

この時代に政治にかかわることの責任は重いです。





8月15日は、旧盆。仏様に手を合わせましょう。

早いもので・・・

早いもので、あと半月で海老名市議会9月定例会が始まります。
24日が議会運営委員会で、31日が開会です。
9月議会は決算議会なので、日程的にはかなりボリュームがあります。
一般質問で取り上げたいテーマは沢山あるのですが、時間が往復で35分しかないので、欲張ると中途半端になってしまいます。悩みどころです。

20日には、今後の議会改革をどのように進めるのかについて調整するために格会派代表者会議が開かれます。
議会改革は議会基本条例をつくれば完了するというものではなく、議会改革を進めつつ、必要なら議会基本条例をつくるというスタンスで臨むべきだと思います。

新住所

8月13日から、私の住んでいる河原口地区の住居表示が変わりまし
た。

新住所は

海老名市河原口三丁目5ー7-105 です。

お盆

私の父方の実家は愛知県岡崎市の寺です。

お寺さんは盆とお彼岸は大忙し。

父も子どものころから祖父の代わりにお経をあげにいったのだそうです。もともと盆は働く家系です(苦笑)


長野に5年前に亡くなった母の墓参りに行こうと思いましたが、お盆は地域訪問に絶好の時期でもあり、今年も墓参りはやめ、残念ですが海老名で仕事をすることにしました。9月議会が終わったら、お墓参りに行きたいと思います。

それにしても、地域訪問してると、既成政党に幻滅している市民の方が多いこと・・・。

政治にかかわる仕事をしている者としては、憂いているのではなく、信頼してもらえる政治にするために、市民の方とお話していくしかないと思う今日この頃です。

市民の方が何を考えているのかを知ることが政治の基本であり、20年後、30年後のビジョンもたてられません。

市民の皆さんとの、対話、熟議が大切ですね。





沖縄の土

沖縄の土

「沖縄は放射能汚染がない」といって沖縄に保養に行く親子がいるので、沖縄の土を知人から送ってもらい、座間放射能測定室で測ってもらいました。

3検体ともNDでした。

6月議会の会議録

6月議会の会議録が市のホームページにアップされていました。

海老名市議会会議録検索システム←こちらから

車どめの鉄柱

上今泉交差点

この写真は国道246号線の上今泉交差点をとったものです。

鉄柱が45度曲がっています。

歩行者を保護する鉄柱が曲がっていたのでは意味がありません。

国道なので、海老名市が直すわけにもいきませんが、国県対策担当に問い合わせてもらいました。

既に、一番最初に市に知らせたのは2ヶ月前…。

いつになったらなおることやら…(苦笑)

小さいことかもしれませんが、国が市に頼んで直させて、金を払えばよいだけだと思いますが、これがなかなか進まないのが現実です。

奥村しょうけんレポート 2012年7月号4面

今日、参議院で消費税増税法案が採決されるようです。

財務官僚は、さぞご満悦かと思います。

税金は絞り易いところから絞るという考え方は改めるべきでは?




今、消費税増税が進められようとしています。「社会保障のため」「このままではギリシャのようになる」などといったことが、しきりににいわれています。しかし、なぜ日本がこうした財源不足に陥ったのか、なぜ20年以上にもわたってデフレ不況が続いているのか、原因が明らかにならなければ、未来に向けた処方箋は見つかりません。その原因は、1980年代からの高額所得者への大減税と、収入の多い人に有利で収入の少ない人に不利な、消費税の導入による格差の急激な拡大にあります。

①1980年代、金持ち減税からバブルへ

 1984年から89年にかけての、4度の所得税最高税率引き下げによる金持ち減税が、金をダブつかせ、株と土地に流れ込んでバブルを生み出しました。

②消費税導入から「失われた20年」

1989年の消費税導入(竹下内閣)によって、駆け込み需要から消費不況に一転し、1990年のバブル崩壊から現在まで続く「失われた20年」といわれる長期不況に突入したのです。

③消費税3%から5%、金融危機へ

 1997年の消費税率3%から5%への引き上げ(橋本内閣)により景気はやや回復基調だったものが、完全に腰折れに。拓殖銀行や山一證券などが倒産するという金融危機を引き起こし、この時から年間自殺者は3万人台にハネ上がりました。消費税を増税したにもかかわらず、それ以降だだの一度も税収が1997年を上回ったことはありません。

④再び高額所得者への大減税

 1999年に実施された高額所得者への大減税(小泉内閣)は、一時的な株価上昇をもたらしますが、2001年度以降の税収減の大きな要因となりました。

⑤金融危機により格差の拡大

 自民党政権下で続けられた「金融自由化」と「ゼロ金利」政策は、小泉構造改革路線のもと、国際的なマネーゲーム(為替やデリバティブなどによる金融投機)を活発化させ、一部の高額所得者の金融資産(金融資産1億円以上)を急増させました。
 このように、バブル崩壊以降の格差拡大・財政危機・デフレ不況は、自民党政権と財務官僚によって生み出されたものです。このデフレ不況下で消費税を増税すれば、日本経済への悪影響は、1997年の消費税5%への増税の時と比べ物にならないくらい深刻です。この20年間で高度成長期につくられた日本の分厚い中間層は分解し、ごく一部の高額所得者・高額資産家と圧倒的多数の「持たざる者」との格差が拡大してしまいました。
 再び同じ過ちを繰り返してはなりせん。一部に偏った富を再分配する政策を実行し、内需の拡大・雇用確保・景気回復によって、日本経済の再生を進めることが必要です。

具体策はこれ

①公会計法(一般会計・特別会計の連結決算)でムダ根絶
②納税者番号制で脱税防止とコスト削減
③金融資産1億円以上を有する世帯への累進課税
④高額所得者(年間3000万円以上)への増税
⑤金融為替取引(デリバティブ)税の導入


ブログお休み中ですが・・・

「消費増税法案成立後、近いうちに解散」

なんともみにくい話だ・・・。

やはり民自公の三党合意は、消費税を上げるためだけに合意されたものだったんだなぁと改めで思う。

そもそも税と社会保障の一体改革という考え方が間違えているんだと思うが、ここでの税=消費税をというのがおかしい。

税は消費税だけではない。

格差が広がっている今は、やはりお金持ち増税をすべきと思うが、民主党も自民党も、お金持ち増税には踏み込めない。

今、多くの持たざるものの支持を得るためには、お金もち増税しかないと思うのだが・・・・(苦笑)。

海老名市戦没者追悼式

追悼式
海老名市戦没者追悼式に行ってきました。
市長と議長の哀悼の言葉は、なかなか心にしみました。

ただ、市長の言葉が本当であるならば、もっと海老名市の平和事業への取り組みは積極的になっているんじゃないかと感じました。

タウンミーティングや議会での答弁は弁舌さわやかな市長が、やけに閊えているのが気になりました。体の具合でも悪いのでしょうか?あついですから、お大事に。

あと、地方自治の時代に、海老名市歌が式典で歌われないのはなぜでしょうか?私は歌うべきだと思います。

お知らせ

いつも読んでいただきありがとうございます。

8月はブログをお休みします。

海老名市議会議員 奥村しょうけん

«  | ホーム |  »

プロフィール

奥村しょうけん

Author:奥村しょうけん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
放射能汚染対策 (17)
がれき処理問題 (1)
西口再開発 (5)
議会改革 (2)
教育 (7)
市政 (33)
市議会 (52)
給食 (4)
雑記 (28)
フォト日記 (20)
障がい (0)
市内交通 (0)
総合窓口化 (1)
節電 (1)
空間放射線量測定 (3)
ヘチマとゴーヤ (2)
脱原発 (2)
市民活動支援施設 (1)
ふくしまキッズ (2)
特定秘密保護法 (1)
市民農園 (2)
視察 (2)
海老名市河原口家庭農園 (3)

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR