2024-02

自然体験活動について思うこと


 ここ数日、横浜の阪東橋にあるNPO 教育支援協会に通っていました。自然体験活動では、先駆的な取り組みをしているところです。

 海老名市は、市が土地を借りて運営している自然体験学習施設富士ふれあいの森のあり方について検討しているようです。
現在、海老名市内の小中学校ほとんどが、自然体験活動のために1泊2日で利用しています。

 私は、自然体験活動を広めるべきだと思っていますが、海老名市の小中学校が行っている富士ふれあいの森で行っている自然体験活動には疑問です。

 富士ふれあいの森は遠いため、1泊2日場合、現地に滞在するのは24時間程度です。

 これでは、あまり効果が望めないのではないでしょうか?

 せめて2泊3日にするか、1泊2日のままなら施設を返して近場にする必要があります。

 私は、年間半年しか利用できない施設を維持するより、学校ごとに場所を探して実のある自然体験活動を行っていく方がよいと思っています。

IMAG5463.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://45120102.blog.fc2.com/tb.php/242-78af2703
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

奥村しょうけん

Author:奥村しょうけん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
放射能汚染対策 (17)
がれき処理問題 (1)
西口再開発 (5)
議会改革 (2)
教育 (7)
市政 (33)
市議会 (52)
給食 (4)
雑記 (28)
フォト日記 (20)
障がい (0)
市内交通 (0)
総合窓口化 (1)
節電 (1)
空間放射線量測定 (3)
ヘチマとゴーヤ (2)
脱原発 (2)
市民活動支援施設 (1)
ふくしまキッズ (2)
特定秘密保護法 (1)
市民農園 (2)
視察 (2)
海老名市河原口家庭農園 (3)

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR