2024-02

また給食の牛乳からセシウム137が検出

2月13日から17日分の学校給食の放射線量測定結果が発表されました。

今回の検査では市内のメグミルクから納められている牛乳から、またセシウム137が1.2ベクレル検出されました。

牛乳を単独で測るようになってから、今回で6回目です。

これだけコンスタントに出ると、やはり黙ってはいられません。

給食用の牛乳は、一般に流通しているものと違うのだそうで、かなりブレンドは厳しくなっているはずですが、検出されています。一般に流通している牛乳はもっと高いのかしら?と思わずにはいられません。

これだけ、コンスタントに検出される学校給食の牛乳について12月議会で質問したところ、内野市長は佐々木議員への答弁の中で(なぜだか私に対しても答弁しているかのようでした)

「しかし、一定の基準というのは、国がやっぱり定めるべきだと私(内野市長)は思っています。そういった中では今回、そういった範囲内であることを(国の基準はクリアしていると言うこと)認識していただいて、どうしてもそういった給食は拒絶をされる場合は、学校の方でも給食を拒絶、食べなくてもいい、持参してもいいという話にもなっていると思います。牛乳の基準値を保護者の方がどうしようもないと言うのならば、自分の代替措置を考えてもいいのではないかと思います。」

と言っています。

一見、大変に理解のある回答のように見えますが、つまるところ「いやなら飲むな」ということでしょう。

自分の考えと違う市民と向き合うのではなく、切り捨てるという姿勢が良く見て取れます。

私が、なぜ牛乳にこだわっているかと言うと、子どもたち、特に育ち盛りの男の子などは1日に1リットル牛乳を飲んだりします。毎日、コンスタントに消費される食品には内部被爆を少しでも減らすためには気を使うべきだと思うのです。

3月の一般質問では、質問したいテーマがたくさんありますが、この牛乳のセシウム問題は取り上げたいと思います。



給食の測定結果はこちらから
学校給食の測定結果

«  | ホーム |  »

プロフィール

奥村しょうけん

Author:奥村しょうけん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
放射能汚染対策 (17)
がれき処理問題 (1)
西口再開発 (5)
議会改革 (2)
教育 (7)
市政 (33)
市議会 (52)
給食 (4)
雑記 (28)
フォト日記 (20)
障がい (0)
市内交通 (0)
総合窓口化 (1)
節電 (1)
空間放射線量測定 (3)
ヘチマとゴーヤ (2)
脱原発 (2)
市民活動支援施設 (1)
ふくしまキッズ (2)
特定秘密保護法 (1)
市民農園 (2)
視察 (2)
海老名市河原口家庭農園 (3)

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR