2024-02

結局指示待ちなのか?

12月9日の総務常任委員会で、放射能汚染対策関連の陳情が了承されました。

どちらも主に保育園や学校、市民農園や農地の土壌調査をして欲しいという内容でした。

市は約25分もかけて、今まで市が行ってきた放射能汚染対策について説明をしました。

そして、現時点として土壌調査はしないと説明しました。

土壌調査をしない理由は大きく分けて3点。

・十分な情報がない。

・国が示している空間放射線量の基準値1ミリシーベルトを大きく下回っている。

・環境省令が12月のうちには出る予定と聞いているので、それをみて判断したい。

今回、私は委員外発言ができたので、「どのような情報があっら判断できるのか?」質問しましたが、同じ答弁を繰り返すのみでした・・・。

要するに、国に「土壌調査せよ」と指示されたらするという、市の責任逃れの何ものでもありません。しかし、こういうときにこそ市民に一番身近な市が自主性を発揮すべきではないのでしょうか。

今までも、小児医療費の中学生までの無料化など、国・県に言われなくても市単独で行っていることもあるわけです。

市がやりたくて市単独でやっているとは自慢しているのに、市がやりたくないことは国の責任にするのはあまりに都合が良すぎませんか?

«  | ホーム |  »

プロフィール

奥村しょうけん

Author:奥村しょうけん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (100)
放射能汚染対策 (17)
がれき処理問題 (1)
西口再開発 (5)
議会改革 (2)
教育 (7)
市政 (33)
市議会 (52)
給食 (4)
雑記 (28)
フォト日記 (20)
障がい (0)
市内交通 (0)
総合窓口化 (1)
節電 (1)
空間放射線量測定 (3)
ヘチマとゴーヤ (2)
脱原発 (2)
市民活動支援施設 (1)
ふくしまキッズ (2)
特定秘密保護法 (1)
市民農園 (2)
視察 (2)
海老名市河原口家庭農園 (3)

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR